<   2005年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

小説的雑文 「いぬの哭き声」

a0048851_23594441.jpg

そしてわたしはもう1つのミステリーを綴るのだ。
これが今年最後のブログ更新となる。

先週は忘年会が2度あったため、わたしにしては珍しく二度飲めない酒を飲んだ。
予定外の3度目は、予定外の相手からクリスマスイヴの前日に連絡が入った。

同窓生だった。
東京を出て名古屋に行ったという話は聞いていたが
10年近く賀状のやりとりしかしてこなかった男だ。
それが突然連絡してきて、会いたいという。

きっかけはわたしが転居通知に、秋から始めたブログのことを知らせため。
以来、ヤツはときどきわたしのブログを見ていたらしい。

クリスマスに合せて、わたしはブログでちょっとしたクイズ企画を催した。
参加者には非公開コメントで解答を募った。
その中に紛れるように、ヤツからのコメントがあった。

「会わないか?」

最初のコメントは一言そう書かれていた。
わたしが返事を躊躇していると、今度は「会えないか?」というコメントが書き込まれた。

会うことにした。
場所は彼が用意した日本料理屋。個室だった。
たまたま空いていたとは思えないから予約してあったのだろう。

昔話に花が咲くほど我々が共有している想い出は多くなかった。
懐かしい話はそこそこに、彼はわたしの近況をあれこれ尋ねてきた。

ふとおもむろに彼が携帯を取り出し、わたしに一通のメールを見せた。

件名【111111111】

受信メールの一覧には、数字の「1」が並んだ件名が残っている。
送り主は「chihiro」という名前だった。

「別れた女房」と彼が言った。

妻から届いたメールは全て消したが、この数字の1だけはなぜか消せずにいるのだという。
メールは離婚後、数ヶ月してから届いた。件名のみで本文のない携帯メール。

「返信したのか?」
「…いやできなかった」
「そうか」
「なぁ、1の羅列にどんな意味があったと思う?」
「さぁ」とわたしは言った。

たぶん彼は最初からわたしの答えなんか期待してやいなかったのだろう。
続く彼の言葉は独り言のように聴こえた。

あるいは数字には意味なんか無かったのかもしれない。
返信メールを送るなりして、意味を尋ねればすむことだったが、俺はそれをしなかった。

なぜ、そんな話をわたしにしたかは分からないが、
頭の中でまったく別なことを思い出していた。
わたしの中にも記憶に残る文字の羅列があったのだ。


「んんん」


黒板に大きく書かれた文字は3文字とも「ん」だった。

私は小学校四年生で終業式を間近に控え、埼玉から東京に引っ越すことになっていた。
たまたまその時期、同じクラスにもうひとり他県へ転校する子がいた。
黒板の文字を見たのは、わたし達二人の転校生に対し、ホームルームでお別れ会を開いてもらった日の放課後だった。
忘れ物を取りに帰った私が教室に戻ると、ちょうど教室から出ていくひとりの生徒と擦れ違った。
私の顔を見ると、彼女は逃げるように走り去った。
それがもう一人の転校生だった。

カンダマチコ。

それが彼女の名前である。漢字は忘れてしまった。最初から憶えていなかったのかもしれない。
マチコはとても美しい顔立ちをした少女だった。
真っ白な肌。漆黒の髪。髪はいつも眉毛のきっちり2ミリ上で切り揃えられていた。
思い出される彼女の顔はいつも笑顔で、しかしそのくせそれが幸せそうに見えたことは一度もなかった。
自信の無さげな貧しい笑い顔であった。
実は当人は少しも嬉しくも楽しくもないんじゃなかろうか?と疑問すら持たせる笑顔だった。
あれは算数の時間。黒板には「X:6=8:12」という例題が書かれていた。
教師に指名されたマチコは、前に出て黒板に向かったものの、チョークを持ったまま全く手を動こうとしない。
教師が意地悪く言う。
「おい、さっきちゃんと説明したじゃないか!たすき掛けにして掛け合わせてみるんだ。まずは「6×8」」
それでも彼女は動けなかった。
「6×8だ。ロクハはいくつだ?」
振り返ったマチコは「へへへ」と照れ笑いを浮かべると、肩をすぼめた。
彼女は小学校四年生にもなって九九を覚えていなかったのだ。

九九のできない彼女は、他の例えば体育や音楽でも特に目立った活躍を見せることはなかった。
字も汚かった。
彼女と隣の席に並んで座っていたことがあった。そのとき横目で彼女のノートを覗いたら、まるで毛虫がのたうち廻っているような筆跡だった。
当時の私にはこうしたことがとても理不尽に思えてならなかった。
こんなに美しい少女が、九九もできなかったり、字が巧く書けないことが、「間違っていること」のような気がしたのだ。


「んんん」は黒板いっぱいに大きな字で書かれていた。
マチコが書き残したという根拠はない。
だがその筆跡に見覚えがあった。
あれはマチコの字だ。

実はその後の人生で、私はこのときの話を何度か酒の肴にしている。
どこにでもこの手の話が好きなやつというのがいる。ちょっとしたミステリー問答となった。

「きっと文字が「ん」であったことがポイントなんだよ。「ん」から始まる日本語は無いだろ。つまり「ん」は全ての終わりを意味する。あの三文字は彼女のお別れのメッセージだったんじゃないか?」

「んんんはモールス信号みたくSOSの意味じゃないかしら。だって彼女イジメに遭っていたんでしょ?」

様々な臆説が飛び交った。変わったところでは、あれは「ん」ではなく、アルファベットの「h」だという珍説を唱えたものもいたが、だとしたらトリプルエイチがどういう意味だったかという別な謎が残るだけだ。
実際にあの3文字を目撃した私は、あれが「ん」であったことを知っていたし、それがなぜ「ん」だったかも分かっていた…たぶん。
そしてそのことについては、酒の場ではもちろんこれまで誰にも話したことはない。
だからこれは答えのないインチキミステリークイズなのだ。

担任教師の産休でその初老の女教師がわたし達のクラスに来たのは、確か四年生の二学期に入ってからのことだった。
体育と図工、音楽以外は全てその臨時教師が受け持った。
それは新しい教師に代わってから最初の書道の授業でのことだった。
その日の習作はちょっと変わったな課題が与えられた。

「皆さん、自分の名前を平仮名で書いて見ましょう」

小学四年生が書道の授業で平仮名を書かされるなんて、みんな内心そう思っていたのではないか?
私の隣では例によって、マチコが毛虫がのたうち廻ったような字を書いている。
臨時教師は教室をゆっくり歩き回りながら、生徒たちの作品を眺めていく。
そして教師は私達の横に来たとき静かに言った。
「ワダ君は「わ」の字が上手ですね。カンダさん、貴方は「ん」の字が実に素晴らしいです」

教師はそう言って去っていた。
私は改めて自分の「わ」の字を見て、ついでマチコの書いた作品を見た。やはり毛虫がのたうち廻った字であったが、その中で「ん」一文字をとって見ると、それは確かに堂々とした文字に見えたから不思議である。

教室を何周かした教師は、教壇に立つと順番に生徒の名前を呼び始めた。

「タナカマサアキくん。黒板に「あ」の字を書いて。場所はここ。そう右上から」
「次、オオタイクコさん。貴方はその下に「い」の字を書いて下さい」
そうして一人づつ呼び出しては、黒板に一文字づつ書かせてゆく。
黒板の五十音は残すところ「ワ行」だけとなった。
「ワダくん。君の得意な「わ」の字を書いてみてください」
教師は私の書いた「わ」の字の下に自ら「を」の字を書いた。
そして最後に指名されたのがカンダマチコだった。
「カンダさん。最後です。貴方の素晴らしい「ん」の字を前に出て黒板に書いて下さい」
マチコは「へへへ」と笑って、「ん」の字を黒板に書いた。
彼女が前に出て、実際にチョークで黒板に字を書くのを見るのはそれが初めてだった。
完成した五十音は、字の大きさがまちまちだったり、行や列が曲がっていたりして、全体としてはイビツな五十音だった。
だが、臨時教師は言った。

「これが私達日本人の字です。皆さん、どうぞ平仮名を大事に書いてください」
教師は「上手に」ではなく「大事に」と言った。隣の席のマチコを見たら、彼女は「ん」の字ばかり繰り返し書いていた。

あの日の放課後、私はマチコが残していった3つの大きな「ん」の字をしばらくの間眺めていた。
ほんの数秒前まで、彼女はこの教室でひとり黒板に「ん」の字を書いていたはずだ。
何だか大切なものを逃したような気分になっていた。
わたしはマチコが書いた「ん」の字の上に負けじと大きな字で「わ」と書いた。「わわわ」と3つ続けて思いっきりよくチョークを走らせた。
黒板の文字は「わんわんわん」になった。
だから翌朝、登校した生徒たちが目撃したものは、謎の「犬の哭き声」であったはずである。
それが私とマチコ、ワ行の二人の競作だったと気づいた者はどれだけいただろう?


そして日本料理屋の畳の上。
湯気の匂い。
わたしの知らない銘柄の外国煙草を吸う男。

この男はなぜ、わたしを呼んだのだろう?
彼の別れた妻はなぜ、意味不明の数字をメールを送ったのだろう?
マチコはなぜ黒板に「ん」の字を書いたのだろう?
わたしはなぜ「わ」の字を足したのだろう?

答えなんか必要としない謎がある。

【存在証明】

わたしは頭の中に浮かんだ言葉を、この日口にするこはなかった。

「俺もブログ始めようかな」
別れ際に同窓生はそう言った。

「いろいろ教えてくれよ」
「教えるほど、いろいろないんだけどな」
「…なぁ、ときどき自分がカラッポだって感じることはないか?」
「…よくあるよ」
「そういうときはどうする?」
「旅にでる。と言っても週末の2日間だけどな」
「で、どうなる?」
「カラッポじゃなくなる。…オレの場合な」
「今度、俺を連れてけよ」
「じゃあ、クイズを解けよ!プラン練ってやるから」
「地下だろ」
「即答だね。知ってたの?」
「論理的に考えたらそれしかないだろ?」

わたしは何だかとても愉快な気分になっていた。
酒が入っていたせいか、一度笑い始めたら止まらなくなった。
可笑しくておかしくてしょうがない。
思い出していた。
彼がかつてトモダチだったことを。
そしていまも…。

わたしにつられたかのように、彼も笑い出す。

それが聖夜の存在証明だった。

【完】

※フィクションです。
ポーランドへ行ってきます。
来年もよろしく。



チャオ!
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-29 00:03 | ショートストーリー

ルーゼント 【第1回 ガキエモンで遊ぼうよ】

いぜん、みんとさんが「ほっかむりバトン」という世にも回しにくいバトンを考案されました。
http://nakaniwa.exblog.jp/d2005-12-03

迷惑でしょうからバトンにはしませんが…

今年いちねん、いろいろとお世話をした…もといお世話になったガキエモン父母に
捧げる嫌がらせ…もといプレゼントです。

自称最年少ブロガーガキエモンのblogはこちら
http://gakiemon.blog40.fc2.com/

ルーゼント(ブラック)
a0048851_13421797.jpg

ルーゼント(金髪)
a0048851_13425327.jpg

そしてこんなふうに使います。
a0048851_13431918.jpg


おまけの替え歌
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-28 13:50 | 写真館

ミステリークイズ【解答編】

マック少年は母親に、今しがた自分が目撃した不思議な出来事を語る。

「だからサンタが消えちゃったんだよ」

1階でエレベーターに乗り込んだサンタクロースとそば屋の主人。
しかし、4階でエレベーターの扉が開いたとき、エレベーターの中にはそば屋の主人しかいなかった。
そば屋の主人は4階で降りた。マック少年は空っぽとなったエレベーターを確かに見た。
摩訶不思議、サンタは消失してしまったことになる。

母親は窓際に行き、カーテンを少しだけめくって外を眺めた。

「エレベーターは2階でも3階でも一度も止まらなかったのね?」
「うん…」
「ねぇ、1階でエレベーターに先に乗り込んだのはサンタさんじゃなかった?」
「そうだよ。どうしてわかるの?」
そうに決まっているのよ
「決まっているってナンでさ?」
「鮭太郎、ママにはいまサンタクロースがどこにいるかわかったわよ」
「え…?」
「会いにいこうか?サンタさんに」
「どこに行くの?」
「もちろん、向かいのビルよ」
「だってあそこはオバケビルだよ」
「怖いの?」
「…ママが一緒なら平気だよ」

かくして母子は寒空のもと、外に出た。
消えたサンタクロースに会うために。

問題のエレベーターが近づく。
マック少年は母親のスカートの裾を後ろからしっかりと握りしめる。
母親はもはやすべてを悟ったかのように、悠然とエレベーターの表示板を指差した。

「サンタクロースはきっと、ここにいるわ」

a0048851_0171523.jpg


母親が指差した階数が光っていた。

「…B1って?」
「地下1階よ。サンタクロースは地下室にいるのよ」

まさにそのときだった。目の前のエレベーターの表示板が、「B1」から「1」に光を移した。
そしてエレベーターの扉がぎしぎしと音を立てながら開くと…

長髪の痩せた筋肉質の男が乗っていた。
男が母子の「失礼」と言ってするりと通り過ぎてゆく。
その後ろ姿に、母はハッとしたように振り返って言った。

「メリークリスマス!」

男がびっくりしたように立ち止まる。
まず母親を、それから少年の顔を見てからニンマリと笑って「メリークリスマス」と返した。

男の後ろ姿を見送る。

「ねえ、ママこの地下室にサンタさんがいるって本当?」
「ええ、でもサンタさんは今頃クタクタに疲れてぐっすり眠っているかもしれないわ」
「そうなの?」
「ねぇ、お家に帰ってケーキを食べようよ」
「うん!」

母子は手をつないで家路につく。
南の空にはオリオン座がまだ光っていた。
原付のエンジン音が聴こえ、やがて遠ざかっていった。


【完】


物語はここで終わりですが、謎解きがまだ充分ではないというお叱りを受けそうなので
ここで正解者5名(うち1名は我が弟)のコメントを公表致します。

まずはトップバッター、みんとさん。
いきなりの秒殺劇でした。
ブログ【ちょっとのんびりおくつろぎの絵】
http://mintfactory.blog18.fc2.com/

いっちば〜ん!
オバケ工場には、地階があったのよん。
サンタさんが地階のボタンを押したところに
そば屋が駆け込んできたので、二人で一緒に地階へ。
サンタだけ降りて、そば屋は上へ。
さて、いかが?


続いて人生LaLaLaさん。
ブログ【たとえば風に向かって2】
http://jinseirara.exblog.jp/
答えはひとことでした。

サンタは地下で降りた。

三番目の正解者は初めてのコメントでした。
冷やし飴さんです。
ブログ【備忘録 食 part2】
http://hiyasiame5.exblog.jp/

前のビルには地下があった。
サンタさんが御用があったのは地下だった。
サンタさんが先に乗ったのでまず地下へ行き
上に用があった蕎麦屋さんはそこで4階のボタンを押した。
そうすれば1階は通過します。


最後にぷくたれさん。
執念の解答でした。
ブログ【ぽむぽむ研究クラブ】
http://boke2kun.exblog.jp/

サンタは下りボタンを押した!
よって、先に地下?で降りてたのね?
マック少年は4階からみてるから、ボタンはみえなかった



エレベーターは2基あった。
と解答された方が非常に多かったのですが、
1基しかなかったからこそ、2人が同時に乗り込んだと考えたほうが自然だと思うのです。
きっかけは偶然。そしてそこから起こるべくして起こる必然。
これもミステリーロジックです。

余談ではありますが、先日わたしがエレベーターに乗ったときのことです。
中には先客がいました。
母娘です。
わたしが乗ったとたん母親のほうが「申し訳ございません」と頭を下げたのです。
一瞬、何のことかと思いましたが、エレベーターの階数ボタンを見て納得。
ボタンがすべて押されていました(苦笑)
ボタンを押したお嬢さんは母親に手をつながれて2階で降り、わたしは各駅停車のエレベーターに乗って7階の部屋に戻ったのでした。


さて、業務連絡です。
正解者4名(身内は除く)にはお約束通り景品を進呈します。
希望の商品もしくは企画を選んでご連絡下さい。
連絡は鍵付きコメントでも鍵なしコメントでも、それからメールでも構いません。

特にポーランド土産をご希望される方は早めに教えて下さい。
週末に日本を発ちますので。

希望の景品がかち合う場合、早く正解を出された方、つまりみんとさんに優先権があります。
ちなみに彼女には景品選択権が恐ろしいことに3つもあります。
(当日解答に限り景品を3つ出す、とわたしが口を滑らせたばかりに)


企画倒れに終わるんじゃないか、という心配もありましたが
多くの方にご参加戴き、わたし自身とても楽しかったです。
感謝しています。
今後この企画に第二弾があるかどうかはわかりませんが(というよりネタがない)
風花さんやプクタレさんのブログでもクイズ企画をやっているようですし、
ブログという媒体を使って、大人達のが子どものように遊べる、そんな懐かしい“空き地”が作れたらいいな、と思ったのでした。


最後になりますが、
これはわたしが用意した正解ではなかったのですが
もっとも美しいと思った解答はbanaxさんのコメントでした。
紹介させて下さい。
ブログ【雨のち晴れのち…きみ】
http://banax.exblog.jp/

マックはベランダで寝てしまった。
午後7時、東の空にあったであろうオリオン座が、
南に移動する時間まで、マックは母を待ちながら寝てしまった。
3時間とか、4時間とか。
再び、マックが見たのは、器を回収にきたそば屋さん。
そば屋さんがいて、サンタさんがいないから「サンタが消えた!」
と思い込んでしまった。
多分、サンタさんはスクーターに乗って、
午後7時にピザでも届けにきたのでしょう。
ピザは器の回収ないですから。

お腹がぺこぺこなのも母親を待ちすぎたから。
マック、風邪ひいてないといいのですが。

a0048851_084458.jpg

[PR]
by tabijitaku | 2005-12-27 00:24 | 懸賞企画

企画終了のおしらせ

a0048851_022118.jpg

[PR]
by tabijitaku | 2005-12-26 00:22 | 懸賞企画

【懸賞企画】 消えたサンタクロースの謎

a0048851_0234973.jpg

お待たせ致しました。
第1回懸賞企画 自由参加型ブログミステリークイズです。

クイズのルールはいたって簡単。

謎を解く → 鍵つきでこのブログにコメントする or メールを送る(エキサイトメールのtabijitaku宛) → 景品をかっさらう

締め切りは12/25(日)クリスマスの夜午前12時、サンタクロースが帰ってしまうまでに。

ルール詳細はこちらをご覧下さい。
http://nakaniwa.exblog.jp/d2005-12-17
で、景品の詳細はこちらを。
http://nakaniwa.exblog.jp/d2005-12-15
ノーヒントです。
完璧な正解を導かれた方には、こちらからコメントあるいはメールにてご連絡致します。

では前置きはここまで。
聖なる夜のミステリー。
消えたサンタクロースの謎を解明してください。





幕ノ内鮭太郎8才。
これは彼がクリスマスの夜に遭遇したミステリーである。

幕ノ内少年(友達は彼をマックとよんだ)は団地住まいの鍵っ子で、4階に住んでいる。

その晩も彼は1人だった。
冬の空気が刺すように冷たい夜。
彼は1人ベランダに出て柵の前に腰を下ろしていた。
そこは彼の、彼だけの特等席。

マック少年の住む団地の向かいには通称“オバケ工場”と呼ばれる不気味な古いビルがあった。
子どもたちは怖がってこの建物に近づこうとしない。
とにかく得体の知れないビルだった。

午後7時を回ったあたりだろうか?
月明かりに照らされて、丘の下からスクーターに乗ったサンタクロースがやってきた。
ときを同じくして自転車に乗ったそば屋のおじさんがやってくる。

サンタクロースとそば屋のおじさん。
まずサンタクロースが古ビルのおんぼろエレベーターに乗り込む。
続いて、肩で息を切りながら、そば屋のおじさんがエレベーターへ駆け込んだ。
そば屋の主人はずいぶん太っちょで、反対にサンタクロースはずいぶんスリムな体型をしていた。

マック少年はその光景を見るとはなしにぼーっと眺めていた。

彼が待っていたのは軽自動車の灯すライトだった。
南の空にオリオン座が見える。

古ビルのおんぼろエレベーターが4階で止まる。
マック少年と視線の高さが同じになった。
扉がギシギシと音を立てて開く。
しかし、そこには太っちょのおじさんただ1人しかいなかった。
サンタクロースは消えてしまったのだ。
いったい何処へ。


ここで平等主義にもとづいて、まずはわかっている事実をお伝えしなければならない。

①マック少年は確かに1階で、サンタクロースとそば屋の主人が2人ともエレベーターの機内に乗り込むのを目撃している。
 入ったように見えたのではなく、2人は間違いなく乗ったのである。
②マック少年が見ている前で、エレベーターの扉は4階に到着するまで一度も開くことはなかった。(また彼はこの間ベランダから離れていない)
③エレベーターはせいぜい4〜5人乗れば定員になるような小さなもの。4階で扉が開いたとき、例えば扉の影に隠れるなど到底不可能。
④サンタクロースは細身でどちらかと言うと小柄な体躯だったが、そば屋の岡持に入る大きさではない。(少なくとも五体満足では)
⑤マック少年はわりと友人から変わっていると言われるが、とくに視覚障害はない。


丘の下から見慣れた軽自動車のヘッドライトが見えた。
エンジンが止まる。
マック少年が階下に向って手を振ると、車の中から出て来た女性も手を振り返した。


「ママ、おかえりなさい!」
  

マック少年は玄関に走った。
母親にさっき起きたことを話さなくちゃ。
サンタクロースがエレベーターの中から消えたんだよ。
でもその前にお腹がぺこぺこだった。



出題はここで終わりです。
解答編ではマック少年の母親が謎を解きます。
なぜサンタクロースは消えたのか?その理由を明快な推理で説明して下さい。
この企画で正解者が1名でも出た場合は26日の夜に解答編を公開します。
(1名も出なかった場合はこのネタを来年の節分までひっぱりたいです)

a0048851_2155247.jpg

※25日までトップ画面で表記します。
エントリー100です。わたしにとってこの数がいちばん嬉しいんです。
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-25 23:59 | 懸賞企画

ときには廃墟で感動したりもする話。

a0048851_21361622.jpg


廃遊園地に残された銅像。
この詩はその銅像に刻まれていた。
せつなくて、けなげで、ほんとうにまっすぐだから…胸に沁みた。
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-25 21:38 | 写真館

いきあと

a0048851_2243768.jpg

歩んで気づく。
歩みに気づく。
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-23 22:45 | 写真館

ザ★マジックショー

a0048851_2327256.jpg


写真提供【ガキエモンの悪ガキ日記】
http://gakiemon.blog40.fc2.com/

左から…
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-21 23:30 | 写真館

色仕掛け

a0048851_22393687.jpg


じつはもっとよく見たい方は
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-20 22:41 | 写真館

くるり

a0048851_1445870.jpg

房総半島を走る久留里線のくるり駅。
駅のベンチで野良はくるりと丸まって昼寝していた。

さてさて、今晩は同僚と元同僚2人とあわせて4人で忘年会。
久しぶりにわたしもアルコールを口にし、楽しい宴となった。

飲んだので電車帰宅。
駅からの道。
空気が冷たい。
夜空に星が見えた。
ふと、ブログミステリーのマック少年に逢ってみたいと思った。
[PR]
by tabijitaku | 2005-12-20 01:50 |


中庭、それは外。でも内側


by tabijitaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
例えばこんな文章を書く
例えばこんな写真を撮る
profile
私が私であるための1973枚
私が私であるための1973枚(絵)
ショートストーリー
私の好きな歌
雑文
写真館


Poland
家族の足
懸賞企画

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ライフログ


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


バーフライ


遠い太鼓


君はおりこう みんな知らないけど


ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編


TOKYO STYLE


Blue


男はつらいよ 寅次郎春の夢

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧