<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

成田亨さんの怪獣展に行ってきました。

a0048851_07140.jpg

ジャンケンポン…ではなく、この「腕」はダレ?
三択です。
A.ゴモラ
B.レッドキング
C.シーボーズ

答えは最後に写真を載せます。
朝起きて、プロレスラーの高山さんのブログを観ていたら、三鷹美術ギャラリーでウルトラマンや怪獣のデザインをされた成田亨さんの催しがあることを知り、早速足を運んできた。
バルタン星人やカネゴンなど誰もが知っている怪獣から、ウルトラセブンの原型のデザイン画など、マニアではないわたしも充分楽しめる内容だった。

原画展ならではの怪獣やウルトラマンの誕生秘話が面白かった。
中でも秀逸だと思ったのは「ウルトラセブンの誕生物語」
セブンにはなぜ肩パット(あの散髪屋で首の回りにかけられるようなの)があるのか?
これは初代ウルトラマンの中に入っていた役者さんが八頭身であったのに対し、セブンの役者さんは標準的な日本人体型であったため、上半身のデザインを強調し、役者の体型をフォローする狙いがあったとか。
デザインにはちゃんと意味があったのだ妙に感心してしまった…。
(ウルトラセブン、確かに言われてみれば親近感の持てる日本人体型だったよなぁ)

怪獣のデザインには、ベースとなっているものが存在することが多い。
昆虫、動物、魚など生き物が多いがそれだけではない。

怪獣ゴモラの特徴的な頭は「兜」からの着想。
怪獣ギャンゴの首から腹にかけての模様は「トーテムポール」から。

CGではなく、怪獣はすべて造形美術によって作られていた時代。当たり前だけどウルトラマンだけではなく怪獣の中にも役者さんがいた。
怪獣の中に「人間」が入る、という絶対条件を受け入れたうえで、いかに「人間的な」体型の束縛から脱却するかが成田氏の挑戦だったという。
例えば、ただ「首が無い」というだけでジャミラはまったく異質な空気を放つ怪獣だ。

ゼットンも成田氏のデザインだった。
ゼットンは唯一、初代ウルトラマンを倒した怪獣である。
敗れたウルトラマンに変わって登場したのがゾフィ。

わたしの記憶の中では、ゼットンに倒されたウルトラマンと、ハルク・ホーガンにKOされたアントニオ猪木の姿は重なる。
どちらも絶対だと信じていたヒーローがある日、突然その常識を覆して負ける。
20年以上前の猪木の敗北は、いまでは猪木自身の自作自演だったという演出説がある。
だが、ウルトラマンと猪木の敗北は、予定調和を越えた非日常への誘いであり、幼き自分は心を鷲づかみにされた。
いまだにわたしはウルトラマンに裏切られたとも、アントニオ猪木に騙されたとも思わない。思えない。
だって観ている人間が本気になれないものはエンターテイメントじゃないでしょう?

三鷹美術ギャラリーについて
http://mitaka.jpn.org/calender/gallery/

※三択の答えはB.レッドキングでした。
a0048851_0523231.jpg


【78/1973】
【79/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-30 01:00 | 私が私であるための1973枚

帽子の美人、あぜ道をゆく。

a0048851_092779.jpg


こんばんは、長男の絵日記です。
昨日は夜の、会社の「帰り」の話を書いたので本日は「行き」の話を。

さて、今朝は迷わずスーツの上着を着て家を出た。
昨日まで気づかなかったけど、道路の中央分離帯でススキが揺れていた。
信号待ちをしていたら、目の醒めるような美人がキレイな服を着てダサイ自転車に乗って前の横断歩道を横切っていった。
畑の方角に向かっている。
まさか畑の畦道を走ったりはしないだろうが、走ったらいいのにな、と思った。
黒い帽子がことさら素敵だった。

次の次の信号待ちのとき、上着のポケットの中で携帯電話が鳴った。
ちらりと着信を確認したら、部下の女の子だった。
出なくてもだいたい要件は想像がついた。
バイクで走行中にはめったなことではエンジンは切りたくない。
しかし、今朝は百メートルほど走ってバイクを停めた。
折り返しの電話を入れる。

「生理痛がヒドイんで休んでいいですか?」

そう言われたとき、何と答えたらいいのだろう?
「お大事に」と言った。
正直、かなり違和感がある言葉だ。

出社して、もう1人の部下に(こちらも女性だが彼女は、わたしより年上の方)彼女の欠勤を伝えると、「風邪ですか?」と訊かれたので「生理痛がヒドイと言われましたけど」と答えると、かなり驚いていた。
「そういうことまで話すんですね、いまのひとは」という彼女の疑問は、わたしの感覚とそう遠くなかった。
しかし「いまのひと」という言い方も随分久しぶりに聴いた気がする。
「わたしだったらとても恥ずかしくて言えないですよ」とそっと呟く声が聞こえた。
「そうですね」と返事をしたかったが、ちょうど電話が続けて2本入り、電話が終わる頃には、もう慌ただしい1日が始まっていた。
わたしの朝には、帽子の美人が畦道を走っている姿を思い描く時間は、もう欠片も残されていなかった。

【77/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-27 00:42 | 私が私であるための1973枚(絵)

何億光年向こう側のブルマ

a0048851_23435041.jpg


今宵、わたしはいつもよりだいぶ早く会社を出た。
家を出るとき、スーツの上着を着ていくかどうかで迷って、置いてきたのが正解だった。
バイクで風を切る夜の空気が心地好い。

午後7時20分過ぎ。
いつもなら絶対この時間には通らないT字路の角。
信号脇の店がちょうどシャッターを下ろすところだった。
わたしは初めてそこが文具屋であることを知った。
1分後に前を通っていたら、シャッターは下りきってしまっていただろう。
漢字三語のカタい名前の文具屋は、看板だけでは何を売っている店かは分からない。
店先にゴムのサッカーボールが置いてあった。
色は黄色だった。

それから1分後。
わたしは学校裏を時速40kmで走り抜ける。
毎朝毎晩通るのだから、もちろんそこに学校があることは知っている。
でも、きょう初めてその学校が中学校であったことに気づく。
体育館の扉が開いていた。
体育着にブルマ姿の女生徒がバレーボールをやっている。

時速40kmのわたしからはそれはほんの一瞬の出来事であったが、なんだか何億光年向こう側の景色に思えた。
普段ならわたしがまだ働いている時間。
それは彼女たちにとって部活動の時間。
2つは同じ時間であり、とてもかけ離れた空間に位置する。

学校を通り過ぎ、かなり走ってから、ふと思った。
アイツらは平成生まれなんだ。

【76/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-26 00:03 | 私が私であるための1973枚(絵)

砂漠の信号機

a0048851_2116431.jpg

青は「進め」
a0048851_21162084.jpg

赤は「止まれ」
a0048851_21163580.jpg


「1票のラブレター」というイラン映画がある。
タイトルで想像がつくと思うが、選挙の投票にまつわる物語。
ある島で国民投票が行われる。日本と違って国民が投票所に行くのではなく、選挙管理員が有権者1人1人の元へ投票箱を持って回る。
この票を集める女の子と彼女を護衛する兵士の物語。
兵士はとても真面目な青年で、砂漠の中に立っている信号機が赤になるとちゃんと車を停める。見渡す限り、砂漠には他に車もひとの姿もないのに。
でも、彼は律儀に停まるのだ。
ルールだから守るのか、あるいはルールを守るのが彼のルールなのかもしれない。
女の子は兵士に言う。
「あの砂漠の信号機壊れてるわよ」

a0048851_21165065.jpg

ちょ…ちょっと君どこ行くのさ?
a0048851_2117563.jpg

「だって君、信号機だろう?」
「いやぁ、自分バイトなんで」
a0048851_21172016.jpg


【70/1973】【71/1973】【72/1973】
【73/1973】【74/1973】【75/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-24 21:43 | 私が私であるための1973枚(絵)

マガジンライフ

熱が下がる。
吐き気も止まった。
連休はとにかく家にいることに決めている。
昨日、社長から電話があった。
症状を伝えると「とにかく寝てろ」とだけ言われて電話は切れた。

夜になって、借りていたDVDをTUTAYAに返しに行く。
雨は止んでいたので、歩いていくことにする。
車なら2分だが、歩いても10分の距離。
ipodで2曲分。

約2日間ぶりの外の景色。
ただの夜の住宅街のを妙に新鮮だった。
街路樹の木と木の間に蜘蛛が1メートルぐらいのデッカイ巣を作っていた。
これは1匹で作ったのか?共同作業なのか?などとどうでもいいことを考えたり、
夜の公園の遊具が、どんな動物の「寝姿」に似ているかを想像したりして歩いた。

ふいに雨上がりの木々の匂いが、どこかで嗅いだことのある匂いだという気がした。
考えたものの行きの10分では思い当たらず、帰りの10分で、柏餅の葉っぱの匂いかもしれない、と思った。

TUTAYAではしばらく立ち読みしながら、雑誌を4冊買った。
うち1冊は本当に久しぶりに買った「ダ・ヴィンチ」
中島みゆきさんのロングインタビューの掲載があったので。
糸井重里さんとの対談も興味がある。

もう10年近く前になるが、わたしは半年だけ冬の軽井沢で住み込みのアルバイトをしたことがある。
これまでの人生でこのときほど本を読んだことはない。
本を読むには最適な環境だったのだ。
静かで、余計なものが何もない。
読み方も特に系統もなく、乱読した。
「罪と罰」の後に「ライ麦畑でつかまえて」を読んだり、
村上春樹、ジェイムズ エルロイ、向田邦子…
ただひたすら持参した文庫本を順番に読み続けた。

当時のわたしの仕事は、スノーボードレンタルの受付だったのだけど、ほとんど毎日閑古鳥が鳴いているような場所だった。
受付のレジの下に、誰かが置いていったと思われる「ダ・ヴィンチ」が1冊だけあって、
わたしをこれを隅から隅までくり返し読んだ。
その本で紹介されていた本を買いにいったりもした。
アルバイト先からバスに載って、旧軽銀座通りへ向かう途中に本屋が1軒だけあった。
そうそう、軽井沢は作者の地元ということで、内田康夫の浅見光彦シリーズも読んだし、休みを利用してクラブハウスにも行った。

数年ぶりに手にした「ダ・ヴィンチ」は以前よりも絵や写真が多くなっている気がした。
表紙をめくっていきなりビックリだったのはアラーキーの「裸ノ顔」
このコーナーは昔からあった。
驚いたのはそのことではなく、今週のモデルが柄本佑という俳優だったこと。
昨日DVDで観た「子宮の記憶」という映画で主演していた俳優が彼だったのだ。
初めてみる俳優だったが、いいツラ構えしているな、と思った。
アラーキーに選ばれるわけだ。

必ず1行目から読む本と違って、雑誌には興味のあるページから、あるいは興味のあるページだけを読むという読み方がある。
そういう読み散らかした雑誌は「全部読んでいない」という意識が働くせいか、わたしは本以上に手放せないタチだ。
本はわりと平気でひとにあげられる。
貸しても返さなくていい、と言える。
マンガもまた買えばいい、という気になる。
しかし、雑誌にはどこか一期一会の縁があるような気がして、部屋に積まれてゆく。

わたしは1人暮らしを始めたときから、トイレに本棚を置きたいと考えていた。
最初の部屋はトイレに奥行きがあったため、本棚が置けた。
最初は小説を並べたが、30秒しか「滞在」しないこともあるトイレには小説は向かないと気づいて、マンガに変えた。
次の部屋には最初からトイレに作りつけの棚があった。
いまの部屋はトイレが狭いので、ブックエンドを使って雑誌だけ置いている。

引っ越したとき、時間をかけて隅から隅まで読めそうな雑誌はないかと考えてわたしが買い求めたのは講談社から出版されている「日録20世紀」のシリーズ。
高円寺のが古書店で買った。
自分が生まれた1973年(表紙はハイセイコー)の他10冊ぐらいまとめて興味のありそうな年の分を選んだ。
グリコ森永事件のかい人21面相が表紙の1984年だとか、
3億円事件の指名手配写真が表紙の1968年だとか、である。

トイレの行くたびに読んでいる。
きょう買った「ダ・ヴィンチ」もトイレに置いた方が、ちゃんと読みそうだ(苦笑)

他のひとはどんな雑誌を読んでいるのだろう?
ちょっと興味がある。
雑誌は買いません、という方がもしいらしたら、それも1つの性格というか志向だと思う。
ついでに言うと、わたしは風呂にも雑誌を持ち込むことがある。
このときは捨てる気で持ち込む。
濡れないように読むのではなく、最初から湯船に浮かべて読む。
そのほうが肩が疲れないので。

さて思いつくままに書き綴っていたら、書き出しが思い出せないぐらい散らかった文章になってしまったが、本来日記というのはそんなものだろう。

なんかいい夜だ。
自分のためだけに時間が流れている。

a0048851_2173951.jpg

写真は沖縄。駅舎に本棚が置いてあるのはよく見かけるが、町中に本棚があるのは初めてみた。一応、図書館ということらしい。

【69/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-24 02:30 | 私が私であるための1973枚

人間合格

a0048851_992483.jpg


a0048851_993969.jpg


a0048851_995322.jpg

人生の選択
a0048851_9101061.jpg


a0048851_9102410.jpg


…。
a0048851_9103762.jpg

うりゃあ!
a0048851_9331014.jpg

本は大切に…
a0048851_9164765.jpg


【61/1973】【62/1973】【63/1973】
【64/1973】【65/1973】【66/1973】
【67/1973】【68/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-22 09:25 | 私が私であるための1973枚(絵)

魔女Pと45

a0048851_1926126.jpg


件名は「文字化け」ではない。
写真のタイトルを考えたら、他に思い浮かばず見たまんまのタイトルを付けた。

頭がぼーっとしている。
不覚にも風邪をひく。
今年はこれで2度目だ。
情けない。

ノドが腫れた段階で、早めの睡眠とたっぷりの栄養を心がけたが、風邪のひき始めで撃退に失敗してしまった。ヤワになっている。
熱が出てきたようだ。
リコリスDX飲んで、しょうが湯を飲む。
さぁ、たっぷり汗をかくぞ。

みなさんも風邪には要注意を。

※写真は「魔女」というお店の駐車場は「4番」と「5番」です、という意味だと思われる。
【60/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-21 19:37 | 私が私であるための1973枚

湯気

a0048851_21523545.jpg


「ママ、湯気が出ているよ」
「あれは湯気じゃないのよ」

言葉を知らないということは、なんて素敵なことなんだろうと思った。

【59/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-19 21:56 | 私が私であるための1973枚

人生という名のアイスキャンディ

「例えば、ひとはアイスキャンディを食べ始めるときたいていボーッとしている」
a0048851_041154.jpg


「しかしボーッとしていても、人生にはときどきイイことだってあるんだよね」
a0048851_043154.jpg


「なーんて甘い夢をみていると現実には先読みできない落とし穴がいっぱいある」
a0048851_045028.jpg


a0048851_05568.jpg

「当たらずも遠からず。幸せは微妙に逸れてゆく。でもクジにハズれたからってアイスキャンディの味は変わらない。2本目の夢を見られた分だけちょっとトクした気分じゃないか。幸せはそう遠くにはない。人生はアイスキャンディ。甘くはないけど、甘いのさ。明日もアイスキャンディを食べよう。」

【55/1973】
【56/1973】
【57/1973】
【58/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-18 00:18 | 私が私であるための1973枚(絵)

白州次郎の武相荘にてコースターを買う。

a0048851_18583350.jpg


天気は西から崩れているらしいが、関東は3連休晴天続きだった。
いつもなら旅行に出ているところだけど、土曜日と月曜日にオークションで落とした荷物が届くことになっており、また家にいてやりたいこともいくつかあったので旅には出なかった。

それでも日曜日は近場でバイクを走らせた。
東京町田に白州次郎の邸宅がある。
茅葺き屋根の農家を改築した家だ。
前から興味があったこの場所へ出かけた。

この家の名前は「武相荘(ぶあいそう)」という。
家主の洒落っ気を感じる粋な名前であるが、武蔵野と相模の中間の地という意味もあるらしい。

白州次郎は戦後日本の歴史的な重要な人物だが、歴史はともかく、例えばわたしは彼のこんな言葉に惹かれる。

「普通の人は、ゴルフでいいスコアを出すためにプレーをするが、 私は、ゴルフの後のお酒をおいしく飲むためにプレーをする」


室内撮影禁止のため、写真はないが彼の書斎はとっても素敵だった。
障子窓の前に文机があり、机の下は掘り炬燵のように穴が開いている。
机の上には見やすい置き時計。
シンプルでがっしりした作りの電気スタンド。
左右の壁は天上まで本棚で、文学全集なんかが並んでいる。

机の上に何があるかは、大げさに言えばそのひとの人生観が現れていると思う。
一番身近なひとの宇宙がそこにある。

ものを書く人間ならなおさらのこと文机にはこだわりがあるのだろう。
昔、読んだ向田邦子さんの短編に、身分不相応の高価な机を見つけ、清水の舞台から飛び降りるつもりで買うかどうか逡巡していたら、他の売約がついてしまった、という話があった。
確かその売約の相手が田中角栄だったか吉田茂だったかというのが話のオチだったはず。

自分の話をすれば、わたしは机は大きいのが好きだ。
いま自宅で使っているのは机ではなく「台」を代用している。
本来、棚として使うのが正しいのだろうけど、わたしはこれを机として使っている。
理由は長さが2メートルもあり、丈もわたしにはちょうどいいからだ。

例えば、いまわたしの机の上にはこのパソコン以外にも、こんなにたくさんのモノが置いてある。
セロテープ台、電卓、国語辞典、コカコーラの灰皿、デジタルカメラ、ティッシュの箱、花瓶、リモコン各種、メモ用紙、ホッチキス、巻き尺、関東道路地図、携帯電話、財布、武相荘で買ったポストカード。

ちなみにコカコーラの灰皿は小物入れに、花瓶は鉛筆立てとして使っている。
天の邪鬼のせいか、こういう本来の役割とは違った使い方を見つけるのが好きなのだ。

昨日、武相荘で衝動買いしたコースターも本当はコースターではなかった。
茶菓子用の小皿なのだが、一目見たときから、わたしは「色」、「形」、「大きさ」すべてが完璧なコースターだと思った。
コースターぐらい我が家にもあるのだが、わたしがずっと探していたのは、ずっと机の上に置いておきたいコースターだった。

家に帰ると早速コーヒーを入れた。
使うカップはもう既に決めてある。
こちらも随分前に一目惚れして買ったカップである。
小ぶりだが、手に持った感じがしっくりくるので気に入っている。

カップは期待通り、そのコースターにぴったり合った。
他にも白いカップや透明なグラスを載せてみたが、こちらも合う。
器がものを引き立てるというけれど、このコースターはなかなかの名優だ。

身の回りを見渡して、それを「いつ、どこで」買ったか、手に入れたかすぐに答えられるものは、たぶんそのひとにとって既に大事なものであるか、これから大事なものになるのではないか。
わたしはそんなが気がしている。

a0048851_18585121.jpg


【53/1973】
【54/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2007-09-17 19:07 | 私が私であるための1973枚


中庭、それは外。でも内側


by tabijitaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
例えばこんな文章を書く
例えばこんな写真を撮る
profile
私が私であるための1973枚
私が私であるための1973枚(絵)
ショートストーリー
私の好きな歌
雑文
写真館


Poland
家族の足
懸賞企画

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ライフログ


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


バーフライ


遠い太鼓


君はおりこう みんな知らないけど


ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編


TOKYO STYLE


Blue


男はつらいよ 寅次郎春の夢

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧