<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

女性専用車両

a0048851_849592.jpg


この拙い1カットの絵から「わたしの立ち位置」をご理解戴くのは困難か。
説明しよう。
わたしはいま「喫茶店」にいる。
その喫茶店は「橋」を渡ってすぐの場所にあり、その橋の下を「列車」が走っている。
だから喫茶店のガラス窓からは列車を見下ろすことができる。
外からガタンゴトンと音がすると、眼下に列車が右へ左へと走り過ぎてゆく。

ガタンゴトン。
ガタンゴトン。

夕方の5時。
乗客はまばらで、ひとが一人も乗っていない車両もあった。
二階から見下ろすような視線になるため、乗客の顔は見えない。
見えるのは「足」だけ。
人間観察ならぬ、人間の足観察。
この喫茶店には窓際のテーブルは2つしかない。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
【466/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-31 09:18 | 私が私であるための1973枚(絵)

2つの研究所

a0048851_717992.jpg

まずは京都の街角にて。
郵便屋さんが何を届けているのかさえ気になる。

a0048851_7174153.jpg

続いて鳥取県の境港町。
場所は水木しげるロード。
こちらの店員さんは白衣を着ている。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

【464/1973】【465/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-28 07:22 | 私が私であるための1973枚

北京五輪の祭り囃子

a0048851_7271045.jpg


盆休み明け、会社に上海で暮らす元同僚から国際電話がかかってきた。
開口いちばん彼は「オリンピック見てる?」と聞いてきた。
「ニュースしか見てないんだよ」とわたしが答えると、「信じられない、どうして?」と言われてしまった。
彼は自国開催の五輪に興奮気味だった。

オリンピックというと、わたしの場合真っ先に頭に浮かぶのはロサンゼルス五輪で、実は白状すると競技そのものよりもコカコーラのヨーヨーのほうが思い出深い。

向田邦子さんのエッセイで、向田さんがお父さんとケンカして、初めて家を出ることになった日、部屋探しの最中に「東京オリンピック」と不思議な遭遇をする場面がある。
その名文を紹介したい。

「不動産屋の車が青山の表通りから横丁に曲った。こんなところにマンションがあるのかな、と思ったとたん、ゆきどまりになった横丁の真下に、国立競技場がひろがっていた。『ここが日本一の特等席ですよ』。不動産屋のおにいさんが得意そうに私の顔を見て笑いかけた。たいまつを掲げた選手が、たしかな足どりで聖火台を駆け上がってゆき、火がともるのを見ていたら、わけのわからない涙が溢れてきた。オリンピックの感激なのか、三十年間の暮しと別れて家を出る感傷なのか、自分でも判らなかった。アパートは霞町にみつかった」(「伽俚伽」)

琵琶湖の北に、余呉湖という美しい小さな湖がある。
夏旅の途中、たまたまホテルのテレビで「男はつらいよ」のロケ地巡りをする番組が流れており、この余呉湖が紹介された。
第47作「男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様」でかたせ梨乃さん演じるマドンナと出会うの場面である。

旅の進路を変え、わたしは最終日この余呉湖に立ち寄った。
とても静かで美しい水だった。
その美しい湖のほとりに数日前の新聞が浮かんでいた。
それは五輪選手の金メダルを伝える新聞記事だった。

スポーツ音痴なわたしが、この先何年かして、オリンピックと言われて、思い出す風景がもしあるとしたら、案外この余呉湖に浮かんだ新聞紙かもしれない。

性格なのだろうか?わたしは祭りの真ん中に立っていると居心地が悪い。
離れた場所で祭り囃子が遠くから聴こえてくるぐらいのほうが心地よいのである。
湖に浮かんだ新聞紙は遠くから響く祭り囃子のようだった。
これがわたしの北京オリンピックなんだと思った。

a0048851_728379.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

【462/1973】【463/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-22 07:57 | 私が私であるための1973枚

【問題です】飛行機も船も使わずにハワイへ行く方法は? koneta

問題です。
飛行機も船も使わずにハワイへ行くにはどうしたらいいでしょう?




「ハワイに生まれればいい」
「気合いで泳ぐ」
「近所のハワイアンセンターへ行く」
 …他にありますか?

わたしの知っている正解は…
「国道を走って行く」です。
a0048851_7325027.jpg


鳥取県にかつて羽合(はわい)町という町があったそうです。
「あった」というのは市町村合併によって名称が変わったからです。
しかし現在も「はわい」と名の付くパーキングなどが残っています。

はわいパーキングには「幸せのベル」と「梨味のソフトクリーム」がありますよ。
a0048851_738382.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
【460/1973】【461/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-20 07:43 | 私が私であるための1973枚

【物集女】この地名読めますか? koneta

「母さん、僕は味方だよ」
「そうかい、ありがとね。ずっと味方でいておくれ」
「いや、今は味方だけど、明日はもう味方じゃないよ」
「なんだって、明日はお前味方じゃないのかい?」
「うん、味方は今日だけ」
「この薄情者!(ガチャン)」

a0048851_22541292.jpg


旅をしていると本当に面白い地名、駅名に出会う。
新潟県の海沿いにあるその駅は「親不知」という。
駅のすぐ近くには廃校となった小学校があるが、さすがに名前は「親不知小学校」ではなかった。
a0048851_2256929.jpg


石川県の山中温泉地区では、こおろぎ橋という観光名所がある。
ちなみに、この町の名前は「こおろぎ町」
a0048851_22593835.jpg


しかし、なんと言っても驚いたのが京都で見たこの地名。
読み方は「もずめ」だそうである。
漢字を見て「それってアタシのこと?」と思われた方もいらっしゃるのでは?
a0048851_2334345.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

【456/1973】【457/1973】【458/1973】【459/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-17 23:07 | 私が私であるための1973枚

Came Back!

a0048851_19253938.jpg


6日間のバイク旅行から戻った。
この夏、路面のデジタル温度計表示で見た最高気温は39度。
場所は琵琶湖沿岸を走っているときだった。

いつもの通り、腕はキレイに片面焼け。
片面焼けというのは、ハンドルを握ったとき、上を向いた面だけが日焼けして、下側が白いままのこと。
出発前、わたしの両腕は既に日焼けして「トースト」状態だったのだけど、いまは上面は「揚げパン」みたいにコンガリ焼けている。

夏のバイク旅行では、わたしは使い古したTシャツや靴下、下着を日数分だけ持参し、それを旅先で捨ててくる。
バイクの場合、手荷物をあまり増やせないので、現地で買った土産をしまうスペースは、使い捨てた着替えの分で確保する。
しかし今回は旅の途中、大阪で1度5日間分の着替えを郵送で自宅に送った。
ダイソーで紙袋とガムテープを買い、自宅へ送った郵送代は900円だった。

たた汗を拭くためのタオルだけは毎日、ホテルのバスルームで手洗いした。
夜に干し、半乾きのタオルを 翌朝バイクのサイドミラーに結んでおくと、暑さと風と30分ぐらいで乾く。
タオルからは石けんの匂いがした。

埼玉の自宅から出発し、新潟まで渡り、日本海を見ながら西へ向かうコースは、2004年夏と同じルートで、あのときは松本清張の「砂の器」を巡る旅だった。
4年前、わたしは島根県まで走った。
今年、わたしは更にその先の山口県を目指したが、結果的に島根県の手前、鳥取県までしか行けなかった。
2002年の夏のわたしは走行ルートこそ違うが、九州の長崎まで行っているわけだから、「過去の自分」は強敵である。

わたしは宿泊先を前もって決めず地図を見ながら行き当たりばったりで走り、走り疲れたら現地で宿を探す。
今回5泊した宿のうち、2ヶ所は4年前と同じビジネスホテルだった。駅前のおでん屋や近所のスーパーを懐かしく思った。

両腕を揚げパンにした強い夏の日差しも、流した大量の汗も、過去の自分と再会するための呼び水だったような気がした。

たまに「一人旅って寂しくないですか?」と聞かれることがあるが、わたしに限っては、寂しさに浸っている時間は無い。
自分と向かい合う時間があまりにも多すぎて、奇妙に思われるかもしれないが、けっこう「忙しい」のである。
ただ自分が一人でいる時間に思い浮かべることの多いひとは、間違いなく今の自分にとって必要なひとなんだと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

【455/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-16 20:18 | 私が私であるための1973枚

わざわざ暑苦しいブログ

溶ける!
a0048851_0403617.jpg


干上がる!
a0048851_0431696.jpg


茹であがる!
a0048851_0434933.jpg



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
【452/1973】【453/1973】【454/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-09 00:48 | 私が私であるための1973枚

木の生えた駅

a0048851_7412627.jpg

見上げれば天井に穴が開いている。

a0048851_7415498.jpg

木は駅の中央にいまも立っている。

a0048851_7421234.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
京阪電鉄の萱島駅にて。

【449/1973】【450/1973】【451/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-08 07:48 | 私が私であるための1973枚

鏡の中のキリン

a0048851_23422429.jpg

中国語ではキリンのことを「長頸鹿」と書くそうだ。
実際、このとき見たキリンはどう見ても首の長いバンビだった。

a0048851_2343327.jpg

むかしテレビで見たのだけれど、部屋の窓からからキリンが見えるというホテルがアフリカにあるらしい。
この地上でもっとも背の高い動物をぜひ同じ目線で見てみたい。
…何階の部屋をとればいいのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
【447/1973】【448/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-07 00:02 | 私が私であるための1973枚

夏を涼しむ

a0048851_7375275.jpg

都心からちょっと足を伸ばせば、日帰り圏内の東京にもこんな風景が拡がっている。
ここは「あきる野市」という場所。

a0048851_740710.jpg

「涼」を感じる光景に出会う。

a0048851_7405580.jpg

水の音に、水が作る波紋に涼を感じる。

a0048851_742395.jpg

近づいてみたら、うっすらと見える縞模様に、何を冷やしていたのかやっと分かった。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
【443/1973】【444/1973】【445/1973】【446/1973】
[PR]
by tabijitaku | 2008-08-05 07:49 | 私が私であるための1973枚


中庭、それは外。でも内側


by tabijitaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
例えばこんな文章を書く
例えばこんな写真を撮る
profile
私が私であるための1973枚
私が私であるための1973枚(絵)
ショートストーリー
私の好きな歌
雑文
写真館


Poland
家族の足
懸賞企画

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ライフログ


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


バーフライ


遠い太鼓


君はおりこう みんな知らないけど


ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編


TOKYO STYLE


Blue


男はつらいよ 寅次郎春の夢

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧