新しい地図

a0048851_8275291.jpg


「無人島に本を1冊持っていくとしたら、何を持っていく?」

こんな質問をされたことがある方、あるいはしたことがある方はわりと多いんじゃないだろうか?実際に無人島に行ったとき、わたしは本を持参しなかったので本が必ずしも必要であるとは思えないのだが、それでもあえて1冊選ぶなら、「地図」と答えるだろう。

地図、それもダンゼン昭文社の地図がいい。
各地方ごとに発行された昭文社のでっか字シリーズの道路地図をわたしは日本全国分持っている。
いくつもの地方を跨る盆やゴールデンウィークの旅行にはそれを数冊バイクに積んでゆく。

バイク旅行のときはいつでも地図を取り出せるように、フロントガラスの内側に差し込んでおく。風雨にさらされるので、当然地図も痛む。それでも何年も同じ地図を使い続けてきた。
あれは有名な軽井沢のユースホステルに泊まったときだった。
わたしのボロボロの道路地図を見たホテルの受付の女性は「使います?」と言って、セロテープを貸してくれた。

地図のページは修復だらけだが、残っているのは疵だけではない。
たくさんの書き込みも残されている。

a0048851_8355126.jpg


佐渡島へ行く前日に立ち寄ったロシア村はいまではもう廃墟になっている。
「現役」のロシア村に足を運べたことがいまとなっては貴重な体験だ。
このときは地図だけ辿り着けなくて、何人もの地元の方に道を尋ねた。

a0048851_8373342.jpg


現地で迷うことも多いので電話番号はよくメモしている。
実際に電話することはほとんど無いのだけど。

a0048851_8391536.jpg


伊豆半島や房総半島は「海」がメモスペース。
たっぷりとしたスペースに書き込みができる。

a0048851_840556.jpg


知らないひとが見たら意味不明なメモ書きにも旅の思い出はちゃんと残っている。

a0048851_8405042.jpg


先週、とうとう関東版のでっか字道路地図を買い直した。
あまりにも新しい道路、特に高速道路ができたことによって、古い地図に不便が出てきたからだ。
新しい町には新しい地図が必要だ。昼休み、地図を見ながら後輩に教わった道を目で追っていたら、あまりにも鮮やかな裏道の繋がりに、鳥肌が立った。
縦横無尽に張り巡らされたその道は必ずどこかに繋がっていて、そこに道があるということは、わたしはそこに行けるということだ。
どんなにカーナビが便利でも、やっぱり地図を見ることから旅は始まるのだ。
[PR]
by tabijitaku | 2010-06-22 08:49 | 私が私であるための1973枚


中庭、それは外。でも内側


by tabijitaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
例えばこんな文章を書く
例えばこんな写真を撮る
profile
私が私であるための1973枚
私が私であるための1973枚(絵)
ショートストーリー
私の好きな歌
雑文
写真館


Poland
家族の足
懸賞企画

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ライフログ


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


バーフライ


遠い太鼓


君はおりこう みんな知らないけど


ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編


TOKYO STYLE


Blue


男はつらいよ 寅次郎春の夢

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28