現実の未来は醜いだけなのに、ひとはなぜ未来に向かって生きなければならないのか?

a0048851_4151371.jpg


この前、家に来た知人の子供は、わたしの部屋に飾ってある「太陽の塔」の置物を見て怯えた。
確かに奇抜なデザインだけど、幼い子にはあれが恐ろしく見えるのだろうか?と思ったら理由は別にあった。
その子の母親の話では「トモダチ」を連想したらしい。

漫画「20世紀少年」は近年、わたしが最ものめり込んだ漫画の1つであるけど、正直釈然としない部分も多々あった。
ところが、ふとしたきっかけで「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を見たら、このたった90分足らずの映画に諭されてしまった気がした。

この2つの作品は、たぶん着想がそう遠くないところにあり、一見「外箱」が同じように思える。

「20世紀少年」におけるトモダチ率いる友民党≒クレヨンしんちゃん」の秘密結社イエスタデイ・ワンスモア
バーチャルアトラクション≒20世紀博
両方観た方なら誰でも容易に考えてしまうはずである。

ただ、「クレヨンしんちゃん」のほうが私には遥かにわかりやすく、それは映画のラストでしんちゃんが、「昭和と未来について」バシーンと名セリフで斬り倒しているからだろう。

a0048851_441352.jpg


昭和志向の懐古主義は私自身にも大いに心当たりがある。
同世代の方と会うと決まって話すのは昭和のアニメやテレビ番組、歌、おもちゃの話だ。
「クイズダービー」、「野生の王国」、「世界名作劇場」、「ゲームウォッチ」、「人生ゲーム」、「ロス五輪のときのヨーヨーブーム」、「びん牛乳のキャップ集め」etc.

現実の未来なんて、醜いだけなのになぜ、昭和を捨てて未来に目を向ける必要があるのか?

映画の中で敵役の女性の問い掛けに、しんちゃんは「20世紀少年」のケンヂよりも明確に「答え」を出す。それはきっと「20世紀の少年」では無いしんちゃんだから言えた台詞だ。
しんちゃんが何と答えたのかは、興味のある方はぜひ映画をご覧頂くとして、それとは別なシーンでは、私は「ズルイぞ」という台詞が、グサッと心に刺さった。

a0048851_443811.jpg


私は「クレヨンしんちゃん」を観るのはレギュラー放送も含めて実は初めてのことだったけど、まさか映画の中で吉田拓郎が流れるとは思わなかった。
冒頭でかかる「ケンとメリー~愛と風のように~」と合わせて、映画を見事に飾りつけている。
[PR]
by tabijitaku | 2010-09-05 04:53 | 私が私であるための1973枚


中庭、それは外。でも内側


by tabijitaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
例えばこんな文章を書く
例えばこんな写真を撮る
profile
私が私であるための1973枚
私が私であるための1973枚(絵)
ショートストーリー
私の好きな歌
雑文
写真館


Poland
家族の足
懸賞企画

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

検索

ライフログ


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


バーフライ


遠い太鼓


君はおりこう みんな知らないけど


ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編


TOKYO STYLE


Blue


男はつらいよ 寅次郎春の夢

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31